ユーチューバーはどうやってお金を稼ぐの?

動画編集ユーチューブで動画配信をして収入を得るためにはGoogleアカウントを用意するだけです。誰でもできますが、稼ぐまでには工夫、そして継続が重要になってきます。

ゲームの実況や面白いことをやる、経済や美容、本の解説など、自分の得意なジャンルを決めて、その動画を撮影しアップロードすることです。何を発信するにしても、できるだけ多くの視聴者に観てもらうために、他のユーチューバーが考えないような企画を、撮影方法や編集などにもこだわり、動画をアップロードし続けることが稼ぐ必須条件になってきます。

最初は動画の再生回数が少なくても視聴者が増えるように、撮影した動画をコンスタントに出し続けることが大事です。多くのチャンネル登録数を集めるには、ネタ選び・分析力・演出力が重要なカギとなってきます。それでは順を追って書いてみますね。ネタ選びネタ選びは、まずテーマを絞ります。ユーチューブは基本的に動画のブログと同じです。視聴者に見てもらえる動画というのを意識して作ります。

最初はひとつのテーマに特化して、しかもニッチなテーマで良いのです。なぜなら、人気の高いものは難易度が高いからです。ライバルが大勢います。キーワードからネタを選びます。キーワードというのは、「誰かのニーズの言葉」です。

人気のテーマから、人気のテーマに寄せて作ると良いです。ユーチューブはGoogleのプラットホームです。このプラットホームは助け合いの世界です。その時の人気のコンテンツに合わせて、お互いの関連に乗り合うことができるのです。そのテーマについて、自分なりの思ったことや自分が提供できるコンテンツつくりが大切になってきます。ポイントとしては、自分のチャンネルの枠を広げていくために1段階クリアしたら次の段階に進む、この繰り返しを続けていきましょう。

分析力初動をつかむことは大切です。公開したエンゲージメントが高いものは視聴回数や登録者をたくさん獲得できる傾向があります。初動をつかむために意識するべきところは、動画公開のタイミングと動画の告知、動画をあげる時間です。扱うジャンルによって調整が必要になってきます。ユーチューブを見るときは、時間があるときとか、暇な時等です…そこを意識しましょう。

動画のネタをツイッターやインスタ(されている方は)で告知しておくのも効果的ですね。関連に載るようにする、人気の動画の関連に載る必要があります。そもそもユーチューブはサムネイルの文言とか被写体を理解していると言われています。そこを今は利用しましょう。視聴維持率を高める。関連動画に乗ることは必須項目と言えます。

それにあたって、サムネイルの類似性以外にも動画の視聴維持率を高めることが重要だと思います。再生回数が伸びる動画は長編動画か視聴率維持率が高い動画です。動画の尺が長いコンテンツは必然的に視聴維持率が低くなってしまいますが、リッチコンテンツも存在します。動画の冒頭がカギを握ります。いかにこの動画が最後まで見る価値があるかを冒頭で伝え、視聴維持率を高める工夫が必要です。このテーマを話すにあたる権威性、自分事に捉えてもらうための共感、この動画を見るベネフィット(恩恵・利益)などです

演出力扱うジャンルにもよりますが、ビジネス系ですと、立ち振る舞い、自然体での撮影、作者である自分への親しみやすさは必要です。強さと温かさの微妙なバランスを出すために、プライベートな話、家族や友人の話、個人的な考え等も有効です。同じ服、人は同じものを何度も見ると、愛着がわく、または親近感が芽生えるそうです。

また、自分だけのスタイル、自分のイメージに合った動画スタイルを確立するのも視聴者さんにとっては見ていて安心するものです。毎回おなじみの決めセリフとかも良いですよね。内容は初心者向けコンテンツが絶対にお勧めです。ほんとうに助けが必要なのは、その分野に初心者の方なのです。

専門用語でなくわかりやすく話すことを意識する。悩んでいた過去の自分が一人いるならば、その百倍同じ悩みを持つ人がいるはずです。これに付随する仕事として、ユーチューバーの方たちを支えているのは動画編集者たちです。ユーチューバーが作成した動画にカットを入れたり、効果音などで手直ししたりする仕事です。有名なユーチューバーさんは忙しいので、編集者にお願いしている方が多いようです。今後も需要は右肩上がりです。

おすすめの記事