近年、XMの利用者は増え続ける中、詐欺被害も多発しているようです。
今回は、その詐欺の手口やみんなが気になる出金拒否の事例を暴露していこうと思います。

恐らく、この記事を見ている方もXMについて気になっている方や実際に口座開設の検討をされている方が多いのではないでしょうか?
そんな方々に注意喚起になればと思います。

その1:金融庁による名指しでの警告

令和2年 8月に金融庁から名指しでの無登録業者として警告を受けています。

指摘されている事をXM直接お問い合わせしてみました。
XMからの返信がこちらになります。

XM側の言い分では、金融庁からの指摘に関しては理解はしていますが日本人をターゲットにしていないことから、登録しておらず今後もその予定はございません。

との事です。

ですが、現在も日本人を主な顧客対象としてサービスを提供をしています。
また、日本語HPや日本人のサポーターを付けたりしてどう考えても日本人を主なターゲットにしているようにしか見えません。

その2:出金拒否・悪評がつかない理由

よく聞くワード出金拒否について。
これは、はっきり言ってあります。
XMに限らず他の証券でも有り得る事ですが、XMは特に事例が多いです。
ですが、インターネット上どの記事を読んでもXMの出金拒否事例などといったネガティブな事はあまり見かけませんよね。
それは何故なのか?
理由は簡単です。
すべて、サクラ行為によるものです、XMの従業員には外国人の方だけではなく日本人の従業員も多くいます。
ブログ、SNSなどを使い嘘の記事を沢山掲載しているのです。
後は、有名なブロガーさんなどに多額な報酬を払いXMについてのいい所をまとめたブログを掲載するなどして、ネガティブな要素をなくしていって居るのが事実です。

その3:詐欺行為

XMは沢山な詐欺行為をしてきました。
これは、皆さんよく聞くワードですね。これは、高額な出金を1度で行う事でと無断で口座凍結をして出金が出来ない事例はよくあります。
これは、XM側の利益に関わる事で1度に億単位で引き出そうとするとXM側の利益が必然と下がりそんなことが1日に何十人と居ると無差別で口座凍結にしてきます。
なので、奴らは自社の利益に繋がる様なことがあれば、躊躇なく、利用契約に違反しているなどと適当な理由をつけて口座凍結をするような業者なのです。

その4:IBパートナー

IBパートナーでアフェリエイト報酬を貰っている方も多いのでは無いでしょうか?
そんな、アフェリエイトにも実は闇があります。
私の知人はIBパートナーにて月に数百万円の利益を生んでいました。
ですが、そんなある日突然メールが1通メールが届きました。

そのメールがこちら

このメールが届いた後、すぐにXM側にお問い合わせをしましたが。
契約に反していたためこのような形を取らせていただきました。
と言う様な内容で、何がいけなかったかを頑なに答えてはくれませんでした。
その後何度もメールにて問い合わせをしましたが、メールは返って来ることはありませんでした。

その5:日本人向けのサービス提供

XMに日本国内のサービス提供について質問した時の回答になります。

XMからの返答

XM側の主張は「日本に営業所がない、日本人を顧客対象にしていない」
「日本金融庁の登録を行うとレバレッジの制限が掛かる為登録をしていない、法令を遵守している」

との事でした。

では、なぜ日本語の公式ホームページがあるのか?
なぜ日本人サポートがあるのか?
なぜ日本の銀行が収納代行にあるのか?

すべてが矛盾しています。

果たして本当に日本人を顧客対象としていないと言えるのでしょうか。

XMは、都合の悪いことがあれば容赦なくあの手この手を使って詐欺行為を行っています。
XMの口座開設検討している方や既存で取引している方は、撤退をおすすめします。
この様な業者は危険ですし、被害にあってからでは遅いです。
これは、他人事ではありません。これ以上の被害者が増えない様、注意喚起出来たらと思います。

今後は、新しい証拠などが上がってきたら記事にしていきます。

おすすめの記事