アパートの次は鉄筋コンクリートのマンションが王道

 

1~2年ほどかけて1棟もののアパートを経営できれば、次は鉄筋コンクリートのマンションを所有するのが王道です。金額的には5000万円ほどの物件が適当でしょう。アパート経営が軌道に乗っていれば、信用も生まれて、満額融資を取り付けることもむずかしくはありません。

そして、5000万円のマンションの次は、1億円の物件に挑戦する。この段階になれば、不動産経営の実績もだいぶ積んでいるので、失敗するリスクは小さくなりますし、銀行からも融資をしてもらいやすい関係になっているでしょう。

ここまで来たら、目標は1億円の物件を10棟所有すること。そうすれば、雪だるま式に資産が増えていき、10億円の資産をもつことも夢ではなくなります。なお、1億円超の物件を購入することはおすすめしません。2~3億円の物件でも、駅前や人気エリアなどの一等地であればすぐに買い手がつきますが、通常は2~3億円の高額物件は買い手がかぎられてしまって、売却に苦労する可能性があります。

また、2~3億円の物件は万一の事態が起きたときにリスクが高いというデメリットもあります。仮に物件内で殺人事件が起きて大々的に報道されることになれば、イメージダウンはまぬがれず、空室問題で悩むことになるでしょう。リスク分散の意味でも、1億円程度の物件を増やしていくのが賢いやり方です。不動産投資は、次のように成功の階段を築いていくことによって、確実にお金持ちへと近づくことができます。

①区分所有のワンルーム②2000万円の木造アパート(1棟)③5000万円の鉄筋コンクリートのマンション(1棟)④1億円の鉄筋コンクリートのマンション(1棟)⑤1億円の鉄筋コンクリートのマンション(1棟)×複数短い期間で10億円の資産を築くことは夢物語にすぎませんが、区分所有から始めて確実にステップを踏んでいければ、10億円の資産を築くことも夢ではありません

おすすめの記事