はっきり言ってBigBoss(ビックボス)は詐欺業者です!!

今回は、過去の詐欺行為を暴露していきます

海外FXのなかでも、入金ボーナスも多く資金も少なく始められて初心者に始められやすい海外FXと思われるますが、過去に色んな詐欺行為を行ってきた業者にもなります。

この記事では、BigBoss(ビックボス)の過去にしてきた詐欺の事例などを上げていき。
これから、BigBoss(ビックボス)の利用を検討している方。既存で利用しているユーザーは利用しない方向に切り替えたほうが良いでしょう。

その1:BigBossはたくさんのトラブルを起こしている業者

BigBoss入金時のボーナスが多く、レバレッジが555倍まで設定できるなど、少額でトレードできる環境が整備されています。この情報だけを見ると、非常に使いやすい業者のように思われますが、過去にトラブルを何度も起こしており、問題視されている業者です。

ネット上には、Bigbossを利用したユーザーからの悪評はもちろんのこと、過去に起こしたトラブルの内容が残されています。こうした情報が多く飛び交っているBigbossが、安心して利用できる業者とは考えられません。利用するのはオススメ出来ません。

その2:金融ライセンスは無登録・偽ライセンス

まず、皆さんご存知かとは思いますが日本の金融庁からBigBossは名指し警告を受けている業者になります。
その中、BigBossが取得しているライセンスはセントビンセント・グレナディーン金融庁でライセンスを取得と公式HPには記載されていたので、こちら側で調べさせて貰いました。

結果はこちらです↓↓

どうやら、偽ライセンス?検索をしても引っ掛かりませんでした。
そもそも、セントビンセント・グレナディーン金融庁のライセンスは他のライセンスの中でも結構マイナーのライセンスです。
信頼性はこの時点で怪しいですね。

その3:BigBossの詐欺事例

海外の業者で問題となる行為は出金関連のトラブル
TwitterにてBigBossから詐欺被害を受け方です。↓↓

明らかにおかしいですよね。

不正行為をしたと言いがかり付け600万円の出金拒否した挙句には口座凍結する。
また、口座凍結する際は事前に警告を出すなりして知らせるのが一般的です。

明らかにおかしい業者と言えますね。

他にも出金トラブルが確認されてます。

出金申請後の含み損で利益を取られてしまう問題も起きています。

こちらも、本来出せるはずの金額が出せなくなり、出金額から大幅に減ってしまいます。
BigBossはこうした勝手な含み損を作り、減額してくるような業者なのです。

カード入金からすると、60日間は資金ロックされるみたいですね。他社のFX業者にはないルールです。
ハイプ案件と似たような事してますね(笑)
何故、資金ロックなんてする必要があるんでしょうか?
これも、怪しいところですね。

出金の確認も取れないことも…
出金関連の確認はお問い合わせで確認したほうがいいものの、これにも応じて貰えないこともあるので、そんな業者は利用しないほうが良いでしょう。

その4:約定力のトラブル

BigBossは約定関連のトラブルも多いようです。

激しい相場の中では、トレードが頻繁に行われます。そんな中、BigBossは激しい相場にサーバーが耐えられなくなり狙ったタイミングでトレードが出来なくなる事が起きています。

他にも再起動しても決済出来なかったトラブルがおきています。こういったトレードがスムーズに出来ない環境は非常に危険です。
最悪の場合は大損になり再起不能なんてことも…

決済する際の滑り具合も中々に酷い様です。
こうした約定する際の滑りが多々確認されていますので、この時点で約定力が高いと言うのは大噓になりますね。
すべってしまい本来の利益が取れなくなったり、最悪、含み損なんてことにも繋がり兼ねないですね。

まとめ

BigBossはサービスがいいと思われがちですが、トラブルが多い業者にもなります。
調べただけでこれだけの、被害に遭われた方が確認できるというのは、かなり危険な業者になります。これから、利用を考えている方もしくは既に利用されている方はすぐに撤退をオススメします。
他の安心できる業者を利用しましょう。
資金を守れるのは自分だけです。

おすすめの記事